ヘッダー画像

いま人気のトートバッグにはこの様なものがあります

今までのトートバッグと言うのは、肩からかけられるタイプで、

大きさも台形というのが主流でした。

ですから、使い勝手がいい反面、用途によっては使いづらいこともありました。

でも、ここ数年で、トートバッグのスタイルもいろいろと変化しています。

ひものタイプも数種類ありますし、形も台形だけではなくなってきました。

マチも狭いものから幅広いものまで、いろんな幅が選べるので、

自分が使いやすいトートバッグを選べるようになったんです。


そんな中でも、いま人気のトートバッグには、この様なものがあります。

それが、ショルダーベルトがついているというタイプのもの。

ショルダーベルトが付いている分、

持ち手は従来のトートバッグより短くなっています。

ですから、ハンドバッグとショルダーバッグ、

両方の持ちかたが出来るようになっているんですね。

このタイプなら、

両手を空けたいときにはショルダーで斜めがけすることが出来ます。

それに、自転車に乗った時も、

斜めにかけていればひったくりなどの心配もありません。

人ごみなどでは、手で持つことが出来るので邪魔にならないのが魅力。

特に、電車の中では、斜めがけや肩掛けバッグは邪魔にされますから、

移動が多い方などには便利でしょう。

つまり、トートバッグでもいろんな持ち方が出来るので、人気になっているんです。


また、一時は高級ブランドのトートバッグが人気でしたが、今は機能性、

デザイン性、ファッション性を兼ね備えた手頃な価格のものが人気です。

デイリーユースなので、

気軽に使えるお値段で購入出来るトートバッグが支持されているんですね。